TOP > 超高齢社会を迎えて

日本が超高齢社会になって、長く経ちます。

厳密には、人口に対する65歳以上の人の割合が7%〜14%で高齢化社会、

14%〜21%で高齢社会、21%を超えると超高齢社会と言います。

日本では、2007年に超高齢社会になりました。

このような状況でどんどん増える高齢者のために、介護の需要が高まっています。

介護の仕事は、需要はあるのに、現場では人手不足で、

給料は安いのに、大変な激務だというイメージがあり、

実際そのような報道もよく見かけます。

では、介護の仕事の実態はどうなっているのでしょうか。

介護の仕事は、色々細かく分類されているようでわかりにくい、

と思っている人も多いのではないでしょうか。

自宅に訪問して行う訪問介護や、施設に通ってきてもらうデイサービスなど、

その他老人ホームや介護老人保健施設などありますし、

どの仕事をするのにどの資格がいるのか、

報酬体系や組織の仕組みなど、分からないことだらけです。

それも無理はないことで、いまだ制度などがきちんと整備されておらず、

手探りで今も色々と変化しているところなのです。

というのも、人類史上このような超高齢社会は類を見ないことなので、

なかなかお手本にできる社会が無く、現在の政治家が制度を作っているところです。

しかし、政治家の能力も足らないうえに票に繋がらないことはやらないので

制度作りは遅々として進まず、現場が混乱する一因となっています。

とりあえず現在の制度を見て行きましょう。