TOP > 介護の仕事のこれから

日本は少子高齢化社会であり、その状況はまだまだ続きます。

そこで介護の仕事は必要不可欠になってきます。

介護はこれまでよりもl重要視されなければなりません。

そのためには人材の確保と介護の質の向上が重要になります。

それには介護の職場が魅力的で働き甲斐のあるものにすることが必要です。

介護の職場が魅力的になれば優秀な人材が育ちます。

国としても介護の職場には問題があると認識し、現在も色々と試行錯誤が行われています。

2000年に介護保険制度が始まり、民間業者が介護サービスを提供できるようになりました。

超高齢社会である日本において、介護は高齢者の生活をサポートする大事な仕事です。

今後も需要が減ることはないでしょう。

しかし、介護の現場は人手不足に悩んでいます。

人が足りなければサービスの質も低下します。

高齢者の数はどんどん増え、介護の必要な人も増えています。

現在の現役世代の人も、運動不足の人が多く、

高齢になった時に介護が必要な人の割合はもっと増えて行くでしょう。

介護の仕事はとてもやりがいがある仕事です。

人の生活の手助けですから、マニュアル通り動くだけでは済みません。

自分で判断して行動し、その行動に感謝される、とても崇高な仕事です。

仕事内容もバラエティに富んでいて、介護系の資格は前に挙げた以外にも

医学的リハビリテーションの指導を行う理学療法士や、

音楽を用いて心身を健康に導き、生活の質の向上や行動の変容などを目指す音楽療法士、

高齢者や障害者にとって、住みやすい住環境を提案する福祉住環境コーディネーターなど、

さまざまな資格があり、仕事があります。

将来性もやりがいもある介護の仕事に興味を持ってみてください。