TOP > デイサービス

デイサービスとは、昼間だけ施設で過ごしてもらう介護サービスです。

ほとんどの場合利用者の自宅と施設の送迎サービスを実施しています。

送迎は専門の業者に依頼している事業所もありますが、

デイサービスの職員自らが送迎用のバンや軽自動車を運転しているところも多く、

そのため、採用条件に普通自動車運転免許を挙げていることも少なくありません。

デイサービスは、家に閉じこもってしまいがちな在宅の要介護者を受け入れ、

食事や入浴、レクリエーションや身体機能訓練などのサービスを提供します。

被介護者にとっては、生活に変化ができ、楽しみや刺激が得られますし、

家族にとっては、デイサービスを利用している日中は介護から解放されます。

デイサービスを行う時間は、施設によっても異なりますが、

大体午前9時から午後4時ぐらいまでのところが多いようです。

デイサービスは、夜間の勤務が無いことや、

入居施設に比べて要介護度や認知症のレベルが軽度な利用者が多いので

経験が少ない人や、介護の仕事にあまり自信が無い人にも人気の求人です。

その分、利用者のいい話相手になったり、

短時間で人と打ち解けられるコミュニケーション能力が高くないといけません。

要介護者にとって楽しみな「お出かけ」になるように、

レクリエーションの際に場を盛り上げたり、企画を提案できるような、

楽しんでもらいたいというサービス精神も必要でしょう。


他に、普段在宅で介護サービスを利用している人が、

数日から一週間程度の短期間、施設に入所して介護を受ける、

ショートステイという宿泊サービスもあります。

365日介護を求められる家族の休息の確保や、

留守にする際の受け入れ先として、高いニーズがあります。

ショートステイには「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」があります。

短期入所生活介護では日常生活のケアや機能訓練などが提供され、

短期入所療養介護では、治療の必要がある利用者が看護・医学的管理の下で、

介護や機能訓練など、より医療的な特色の濃いケアを受けることができます。

家族の要望を尊重しつつ、短期間で利用者の状態を把握し対応しなければならず、

高い介護力や臨機応変な対応力がが必要となるでしょう。