TOP > 介護施設にはどんなものがある?

介護施設には特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームがあります。

特別養護老人ホームは、特養と略して呼ばれることもあり、

公的機関が運用しています。そのため料金が安く、入居希望者が多い施設です。

入居に関しては、介護度が高い、身寄りが無いなどの緊急性を考慮して決定されます。

身体や精神に著しい障害があり、常時介護が必要で、

自宅では適切な介護を受けることが難しい高齢者が入所する施設です。

入居者はここで生活を送り、人生の最期を迎えます。

以前は4人で1部屋の大部屋が普通でしたが、

2002年に厚生労働省がユニットケア推進の方針を打ち出し、

現在では個室が中心となり、10人程度ずつに担当職員がついてケアを行う、

新型特養が増えています。

介護度の高い利用者が多く、高い身体介護力が要求される職場です。

業務内容も多く忙しいので、テキパキと手順よく仕事をこなさなければなりません。

しかし、多忙な中でも柔らかい対応を心がけたいところです。


介護老人保健施設は、老人保健法に基づいて制度化された施設です。

病院に入院していた人が、退院することになったものの

すぐに次の生活に移るのは不安だ、といった場合に

リハビリなどのために一時的に入所する施設で、病院と自宅の間の中間施設とも言われます。

入所期間は3カ月〜6カ月と短めで、身体等を回復させ退所させることが目的です。

看護師や作業療法士、理学療法士などと連携し協力する必要がある職場です。


有料老人ホームは、福祉施設に該当しない民間運営の施設です。

有料老人ホームには、介護の必要が無い人が対象の「健康型」、

介護の必要な人も不要な人も入居していて、

介護サービスは訪問介護など外部の介護事業者を利用する「住居型」、

24時間体制で介護スタッフが常駐する「介護付」の3種類があり、

介護職の就職先としては、主にこの中の「介護付有料老人ホーム」となります。

民間運営なので、運営主体によってサービスの特色が大きく違います。

ホームページや見学制度などを利用して、情報を得てから行きたい会社を選びましょう。

薄給といわれる介護職の中で、給与面では比較的好待遇な職場が多いようです。