TOP > 介護の資格〜介護職員初任者研修

介護の資格は、受けるための条件が厳しく定められていたり、

働くために必要な資格なのか、スキルを表すものなのか良く分からなかったりします。

2013年4月から、従来のホームヘルパー2級の資格が、

介護職員初任者研修という資格に変わりました。

これは、今までは上位資格に進もうとする際に、

「ホームヘルパー2級」「ホームヘルパー1級修了者」「介護職員基礎研修修了者」など

最初に取得した資格とは関係なく、様々な取得経路があったため、

学習範囲が重複するなど複雑になっていたのを簡素化する目的があります。

現在では「介護職員初任者研修」の次は「実務者研修」となり、

「介護福祉士」、「認定介護福祉士(仮称)」とステップアップしていきます。

(認定介護福祉士については、厚生労働省でその在り方について検討されている最中です。

「認定介護福祉士(仮称)制度の方向性について 平成23年度研究の中間まとめ」

という資料が24年3月に公表されていますので、興味のある方は目を通してみてください。)

介護職員初任者研修は、各地方自治体や民間の学校が提供している、

ホームヘルパー(訪問介護員)養成研修を130時間受講し、

試験に合格すれば取得できます。

みっちり通学すれば、1カ月ほどで取得が可能です。

ホームヘルパー2級の資格は試験がありませんでしたが、介護職員初任者研修では変更になりました。

現在、ホームヘルパー2級の資格をお持ちの方は2013年4月以降

「介護職員初任者研修修了者」として介護の仕事に従事できます。

介護の仕事に従事しようと思ったら、入門資格としてまず介護職員初任者研修を受講しましょう。