TOP > 介護の資格〜ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも言い、

利用者の希望や心身の状態に合ったサービスを提供するように

ケアプランを作成するのが主な仕事です。

自治体や事業者、介護支援施設との連絡、調整を行う重要な役割を担います。

ケアマネージャーになるには、「介護支援専門員実務研修受験試験」に合格し、

その後実務研修を受けなければいけません。

受験資格は、介護福祉士などの資格を持って、医療・介護・福祉・保健の分野で

5年以上の実務経験があることが条件となっています。

重要な役割を担うだけあって試験は難しく、合格率は20%前後となっています。

試験合格後、「介護支援専門員実務研修」を受けて、

初めてケアマネージャーとして働くことができます。

資格取得後は5年ごとに更新が必要で、更新時には研修を受けなければいけません。

介護保険の利用者増加に伴い、この資格の需要はどんどん増えると思われます。

介護のサービスを受ける際には、

原則としてケアマネージャーによるケアプランを作成しなければいけないため、

どの事業所においてもケアマネージャーの確保が大事になるのです。

今後も高齢者は増加していきますので、将来性がある資格です。

試験は難しいですが、それも介護の質を高めるために、

現場が求める知識のレベルが高くなっているからです。

介護福祉系で最高峰の資格ですので、求人も多く、正社員での雇用も多いですし、

最近では実務経験を積み居宅介護事業所として独立する人も増えています。

取得することで活躍の場を広げることができる資格です。